トップページ > クリスティ・デジタル・システムズについて > これまでの歩み

クリスティ・デジタル・システムズについて

クリスティ・デジタル・システムズの歴史や理念をご紹介いたします。

これまでの歩み

1929年 自動車用バッテリ充電器製造会社として、米国Los Angeles市に設立
1929年 フィルム映写機を製造・販売
1950年代初め 映写機のカーボンアークランプ用電源を開発
1960年代 キセノンランプを導入。他社に先駆けAutowindフィルム自動巻取装置の製造・販売の開始。
1970年 ウシオ電機の北米地域における映画館用キセノンランプの総代理店となる。
1992年 ウシオ電機が買収、ウシオアメリカの100%子会社となる。
1999年 創立1907年の歴史を持つカナダElectrohome社からプロジェクション部隊を買収、従来の35mm映写機に加えデジタル映写機の製造・販売を強化。
2003年 クリスティ・デジタル・システムズ 日本支社 設立
2007年 Vista Controls Systems社を買収

クリスティについて

  • 経営理念

  • 会社概要

  • グループ構成

  • これまでの歩み

  • ショールームのご案内

CHRISTIE -クリスティ・デジタル・システムズ-

クリスティ・デジタル・システムズについて 経営理念会社概要グループ構成これまでの歩みショールームのご案内
業務用プロジェクター製品
製品名・シリーズ名から探すジャンルから探すシーン・用途から探す
解像度から探す明るさから探す
実績・導入事例 導入事例実績紹介

ニュース一覧メディア掲載情報ダウンロードサポートプライバシーポリシーサイトポリシー奴隷と人身売買の防止に関する声明サイトマップお問い合わせ