トップページ > 実績・導入事例 > 導入事例 > 日本海洋科学"世界初の4K解像度プロジェクター"導入"

実績・導入事例

クリスティ製品をご活用いただいている事例を
ご紹介いたします。

日本海洋科学、世界初の4K解像度プロジェクターを採用した操船シミュレータを導入

日本海洋科学のシミュレーションシステムに基づく海事コンサルティング

株式会社日本海洋科学

操船シミュレーション Christie Boxer 4K30

▲360度のシミュレータなので後方の確認も

国内最大の海の総合コンサルタント企業である、株式会社日本海洋科学は、1985年創業以来、海運、造船、港湾、エネルギー産業等広範な分野において、シミュレータやソフトウェアなど当社独自の技術を活かした海事コンサルタントとして、海事コンサルティング、海事教育訓練を提供しています。

日本海洋科学は、従来型の老練な海技者個人の判断に依存する傾向があるコンサルティングを改善するため、早い段階からコンサルティングに各種シミュレーションシステムを導入し、より客観性の高い定量的で分かりやすいコンサルティングを提供してきました。

▲デッキから進行方向を見る

この日本海洋科学の海事専門家の経験とIT技術を融合させた海事コンサルティングの的確で無駄 の無い提案は、業界でも非常に高い評価を得ています。

また海事教育訓練においても、自社開発の限りなく実船に近いシミュレータを使い、出入港操船、機関故障などの緊急操船、強風、強潮流下での操船などをリアルかつ安全に、そして繰返して訓練することができる環境を提供しています。

 

考えられる最新の技術をすべて搭載したシミュレータ

日本海洋科学では、創立30周年を期に、今まで10年使い続けてきた社内の操船シミュレータを最新のものに置き替えることになりました。操船シミュレータは、海事教育訓練での実船に近いシミュレーションによるトレーニング、海事全般のコンサルティングでの様々なシミュレーションに幅広く活用されています。この置き換えプロジェクトの目標は、新しいシミュレータに考えられる最新の技術をすべて搭載させるという極めて野心的なものでした。

この野心的なプロジェクトでも、4K解像度のプロジェクターをシミュレータで使用することは、設計段階の当初では、おそらく不可能だろうと考えていたと日本海洋科学技術開発グループ統括部長の林通夫常務はその当時を回想しています。

▲技術開発グループ統括部長 林通夫常務

「この操船シミュレータは、プロジェクター13台を必要とするのですが、当初、大型の4Kプロジェクター13台を予定された場所に設置するのは難しいと考えていました。ところがその時、クリスティがコンパクトな最新の4Kプロジェクターを開発していることが分かりました。このプロジェクターを使えば、おそらく理想的なシミュレータが実現可能だと判断し、予定を変更して4K解像度プロジェクターで進めようということになりました。」

このプロジェクターというのが、当時開発中だったクリスティのBoxer 4K30で、4Kプロジェクターとしては革命的ともいえる約68Kgの軽量化を実現、3万センタールーメンの明るさ、プロジェクターとして求められるパワー、性能、耐久性 の全てを兼ね備えていました。日本海洋科学の操船シミュレータの4K解像度での実現は、このBoxer 4K30なしには考えられないものでした。

▲船橋の外側から見上げると、
    プロジェクターが見えます

クリスティのシミュレーションに特化したプロジェクターの実績を以前から高く評価していた日本海洋科学は、このプロジェクトに限っては、通常の調達先を複数確保する慣習にも関わらず、クリスティに絞ってプロジェクトを進めることになります。

この操船シミュレータの導入は、技術的にはなんとか実現可能だとはいえ、実際には世界初の試みであり、極めてチャレンジングなプロジェクトでした。操船シミュレータは、一般にはフライトシミュレータほど知られていませんが、水、海底、地面、空気、船体などの運動が複雑に絡みあうため、リアルなシミュレーションの再現には、フライトシミュレータ以上に複雑な計算が必要なります。

▲9台のBoxer 4K30で、
    船室の周り360°の風景を投影

シミュレーション映像は、9台のプロジェクターで、船室の周り360°に船からみた風景を投影し、別の4台のプロジェクターにより、船の下方視界を床面に投影します。これらがすべて4Kプロジェクターで構成されており、既存のプロジェクターの3倍以上の映像情報を扱うため、シミュレーションで扱うデータも膨大になります。シミュレーションで計算した映像信号をプロジェクターまで転送する帯域も大変な量でした。

 

 

未来を切り開く4K解像度のパワー

▲水平線までリアルに再現

航海当直中の操船者にとって、水平線上の視覚情報は非常に重要です。船長/航海士は、この水平線上の情報に基づいて、相手船を避けたり、針路を変更することがあります。4K解像度になり、水平線の解像度が3倍弱上がることで、既存のシミュレータでは存在しているにも関わらず見えなったものがはっきりと見えるようになります。既存のハイビジョン・シミュレータは、1チャンネルあたり1400ドットでしたが、これでは遠方の水平線上のものがはっきり見えないことがよくありました。こうしたことは, 4K解像度ではなくなり、操船者の方は、ストレスなくほぼ実体験と変わらない体験ができるようなりました。


▲シミュレーター隣のコントロールルーム

Boxer 4K30の明るさにより、船内が明るくてもシミュレーション映像を鮮明に見ることができるようになりました。また、色彩の再現力も向上したことで、遠方の船灯の色がどんなに遠方でもはっきりと見えるようなったことも、実際にシミュレーションを行うパイロットの方にとっては非常に重要な進化でした。

「4K解像度プロジェクターを使って操船シミュレータを組むとなると、まだコスト的には高額なものとなってしまうため、4K解像度プロジェクターの操船シミュレータが普及するには、まだ時間がかかると思います。ですが、この操船プロジェクターを利用した船長/航海士の方は、誰もが1度使ってしまうともう、前の世代の操船シミュレータには戻れないと口を揃えて話しています。」と林通夫常務は述べています。

そして、この操船シミュレータの設計から実装の重要な推進役を務めた株式会社キャドセンターの北野功部長は、「4K解像度プロジェクターが未来の標準となっていくことは間違いないでしょう。今後、この操船シミュレータを目指して、次の世代のシミュレータが開発されていくことになるでしょう。」 とこの操船シミュレータの先駆的な役割を強調しています。

 

▶株式会社日本海洋科学事例PDFはこちら

 

4K解像度 3-chipDLP

6個の450Wマーキュリーランプにより、3万ルーメン の明るさを実現した小型軽量プロジェクター。

  • ソーシャルブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップブックマーク
  • Delicious ブックマーク
  • Buzzurlブックマーク

CHRISTIE -クリスティ・デジタル・システムズ-

クリスティ・デジタル・システムズについて 経営理念会社概要グループ構成これまでの歩みショールームのご案内
業務用プロジェクター製品
製品名・シリーズ名から探すジャンルから探すシーン・用途から探す
解像度から探す明るさから探す
実績・導入事例 導入事例実績紹介

ニュース一覧メディア掲載情報ダウンロードサポートプライバシーポリシーサイトポリシー奴隷と人身売買の防止に関する声明サイトマップお問い合わせ