トップページ > ニュース > ニュース&トピックス > 洗足学園音楽大学の「デジタル緞帳」でプロジェクターが採用

ニュース

クリスティ・デジタル・システムズからの
ニュースをご覧いただけます。

洗足学園音楽大学の「デジタル緞帳」でプロジェクターが採用

洗足学園音楽大学の「デジタル緞帳」でプロジェクターが採用

Christieブランドの4K解像度3DLPプロジェクターが
学校法人として初めて設置されたデジタル緞帳で色彩豊かな映像を再現

 

ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(東京都中央区/代表取締役:牛尾 志朗)の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区 / 代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、洗足学園音楽大学(神奈川県川崎市、学長:万代 晋也)が8月17日にオープンさせたミュージカルシアター「MUSIC POOL CINO(シーノ)」の「デジタル緞帳」で、Christie(クリスティ)ブランドの4K解像度3DLPプロジェクターが採用されたことを、お知らせします。

緞帳(どんちょう):舞台にある幕のひとつで、客席から舞台を隠すためのもの。一般的には絵や刺繍などが施されているが、「デジタル緞帳」は、これらの代わりとして、プロジェクターで映像を映しだす。

洗足学園音楽大学は、学校法人洗足学園が1967年に設置したもので、音楽を愛する心を育て、豊かな人間性を養うことを目的として、音楽全般を幅広く学ぶとともに、それぞれの専門分野を深く掘りさげる教育が行われています。
「MUSIC POOL CINO」は、学園のKids Square内にあったプールを改修、ミュージカル専用シアターとしたもので、この度、シアターの「顔」ともいえる緞帳にエンターテインメント性をもたせ、来場者に驚き、感動、開演前の高揚感を与えることを目的として、デジタル緞帳を導入しました。

幅19 m、高さ4.84 mもある、この大型緞帳に、デジタルコンテンツを投影するプロジェクターとして、Christieブランドの4K解像度プロジェクター「Boxer(ボクサー) 4K30」を2台、納入しました。
観客がシアターに入場した時点では、映像は静止画なので、一般的な緞帳に見えます。しかし、開演の数分前に突然、その映像が動きだすように演出しています。

デジタル緞帳.jpg
デジタル緞帳の全景

「Boxer 4K30」は、3万センタールーメンの高輝度プロジェクターで、ランプタイプのフラッグシップモデルとして位置づけています。
小型、軽量なので運搬しやすく、堅牢な設計であることから、イベント・レンタルステージや、会議室、大ホールなどでの使用に適しています。また、360゚の全方位対応であることから、設置、配置が柔軟かつ容易に行え、さらに、どんな設置角度でも、一定のポテンシャルを発揮します。

Boxer4K30_mystique.jpg
プロジェクターと
クリスティ ミスティークのパッケージ

また、投影対象が緞帳なので、空調や気圧の影響で端の位置が前後にずれ、その結果、2枚にわたる映像のブレンディング部に歪みやズレが生じることがあります。これらの補正を目的に、「Christie Mystique(クリスティ ミスティーク)」ソフトウェアが導入されています。 このソフトは、自動化された、カメラベースの調整・再調整ソリューション(オプション)で、同シアターでも採用されています。複数のプロジェクターで構成する投影画面をすばやく調整し、その状態を維持できることから、ユーザー自身で簡単にトラブルシュート可能です。

ホール内.jpg
シアター内部

「MUSIC POOL CINO」のデジタル緞帳には、来場者のみならず、在校生や、これから同大学を受験する生徒や海外からの留学生に、芸術、アートへの関心を喚起させる効果も狙い、コンテンツの第1弾として狩野内膳の「南蛮屏風」を題材にしたものが用意されました。

この屏風自体は安土桃山時代のもので、スペインやポルトガルなどの港を出て日本に到着した南蛮船、建物や人々が、色彩豊かに煌びやかに描かれています。
これらにデジタルならではの動きをつけ、当時の様子が蘇るように生き生きと描くとともに、歴史的な屏風絵が動きだす驚きを、プロジェクターによって与えています。

洗足学園音楽大学.jpg
洗足学園音楽大学

なお、洗足学園大学からは、
『2年前にシアター新設の計画が立てられるなかで、来場者を「楽しませる」ための目玉として、学校法人には前例のない「デジタル緞帳」の導入を決めた。
ミュージカルは、もともと欧米で誕生した舞台芸術。世界中で盛んに上演されるなか、本学では、加えてオリジナルの邦楽ミュージカルを取りいれていることもあり、コンテンツは和洋折衷の「南蛮屏風」を選んだが、この精緻な作品のディテールを、プロジェクターが明るく鮮やかに再現してくれている。緞帳の仕上がりを見て、将来的にはステージバックでも映像を使うなど、デジタルによってインタラクティブ性の高いシアターにしていきたいと感じている。
またシアターは、ミュージカルコースのホームグランドとして、同コース学生が研鑽を積むためのものだが、今後は、他コースの学生も巻きこみ、ワークショップや授業をつうじてコンテンツ制作会社と共同で、互いに感性を高め合う作品づくりにチャレンジする場にもできると思う。』
(篠原 真 教授・ミュージカルコース統括責任者) とのコメントが寄せられました。

 


Boxer 4K40-RGBの主な特長

① 4K解像度の3万ルーメンプロジェクター

6個の450W専用ランプ(3ランプ・カートリッジ x 2)により、3万センタールーメンの明るさを実現しています。
イベント・レンタルステージ、会議室・大ホールといった用途に適しています。

➁ 軽量、コンパクト

質量は72.6kg。ステージ、レンタルといった用途にあわせ、運搬しやすく、堅牢な設計になっています。

③ 360゚全方位対応

どんな角度で設置しても、変わらないポテンシャルを発揮するうえ、現場での設置、配置が柔軟かつ容易に行えます。

④ 現場で使いやすいモニター機能

スマートフォンでランプ寿命などの確認ができます。

【製品写真】
Boxer4K30.jpg

【案件情報】
●施主:洗足学園音楽大学(学校法人洗足学園)
●建築設計・工事:鹿島建設株式会社
●コンテンツ制作:株式会社ネイキッド
●プロジェクター納入、コントロール:ウシオライティング株式会社

 



<プレスリリースに関する問い合わせ先>
ウシオライティング株式会社 広報課 甲斐
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-9-1
Phone: 03-3552-8261 / Fax: 03-3552-8263
E-mail: m-kai@ushiolighting.co.jp
http://www.ushiolighting.co.jp

<製品に関する問い合わせ先>
エンタテインメント事業部 クリスティ営業部
Phone: 03-6316-2261 / Fax: 03-3552-8027

  • ソーシャルブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップブックマーク
  • Delicious ブックマーク
  • Buzzurlブックマーク

CHRISTIE -クリスティ・デジタル・システムズ-

クリスティ・デジタル・システムズについて 経営理念会社概要グループ構成これまでの歩みショールームのご案内
業務用プロジェクター製品
製品名・シリーズ名から探すジャンルから探すシーン・用途から探す
解像度から探す明るさから探す
実績・導入事例 導入事例実績紹介

ニュース一覧メディア掲載情報ダウンロードサポートプライバシーポリシーサイトポリシー奴隷と人身売買の防止に関する声明サイトマップお問い合わせ